「めぐろう」第12号 目黒の万葉集歌碑を取材

2019年8月4日

万葉集 梅花の宴
「初春の令月(れいげつ)にして 気淑(よ)く風和(やはら)ぎ 梅は鏡前(けいぜん)の粉(ふん)を披(ひら)く、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(くゆ)らす」

新元号「令和」の典拠が、日本に現存する最古の歌集「万葉集」で、日本の古典から初めて引用されました。
目黒区八雲のめぐろパーシモンホールの裏手には、万葉集の歌碑があります。8月4日(日)に「めぐろう」第12号では、万葉の世界に触れてみようと都立大学駅に向かいました。歌碑を撮影し、同じめぐろ区民キャンパス内にある八雲中央図書館で、お話をうかがいました。

取材の様子を紹介します。

万葉集歌碑の取材1

万葉集歌碑の取材2

万葉集歌碑の取材3

万葉集歌碑の取材4

万葉集歌碑の取材5

万葉集歌碑の取材6

万葉集歌碑の取材7

区民キャンパス内にある万葉集歌碑については、「めぐろう」第12号で紹介の予定です。

 

地図

万葉集歌碑