今年もめぐろキッズレポーターが誕生しました!!



2018年7月12日

今年も目黒の魅力(みりょく)を発信(はっしん)していこうと、子どもワークショップ「キッズレポーター会議」に、元気なメンバーがそろいました。
目黒区の総合(そうごう)庁舎(ちょうしゃ)で開催(かいさい)のオリエンテーションには、新キッズレポーターが集合しました。
オリエンテーションでは、「キッズレポーター会議」の概要(がいよう)説明のほかに、目黒区こども条例(じょうれい)、ボランティア保険(ほけん)の説明(せつめい)がありました。

 

目黒区総合庁舎

▲キッズレポーター会議を行った目黒区の総合庁舎(そうごうちょうしゃ)


自己紹介(しょうかい)カードに記入(記入)して、どうしてキッズレポーターになろうと思ったのかなど、自己紹介をしました。
はじめは緊張(きんちょう)の面持(おもも)ちだったメンバーも、自己紹介の後にグループに分かれ、グループ名のアイデアを出し合ったり、取材先(しゅざいさき)の平町児童館(たいらまちじどうかん)でどんなことを聞きたいか、意見を出し合いました。

 

 ○チーム「補佐棹卑弥呼チーム」

みやっけ〜、阿蘇草太、K.K.Q、山手線、魚、ブルー  
※名前はペンネームです。

頭文字を使ったアナグラムで「ほささおひみこ」という架空(かくう)の人名を作成、スマホを使って漢字変換(へんかん)によって出てくる漢字を当ててチーム名を作りました。



○チーム「八ッ葉のクローバー」

なな、白多木杏図、とこみん、さとたん、あず、りゅうさん、ねこさん、ひまねこ明夏  
※名前はペンネームです。

三ツ葉のクローバーの変異体(へんいたい)で、その発生(はっせい)が稀(まれ)なことからそれを見つけられた人には幸運(こううん)が訪(おとず)れるという伝説にあやかり、メンバーが8人いるので四ツ葉のクローバーの倍の良い事が起(お)こるようにと「八ツ葉のクローバー」と命名しました。

 

チームに別れて、取材で使う名刺(めいし)作りをしました。
イラストを描いたり、カラフルなデザインの名刺ができました。

 

キッズレポーター名刺01

キッズレポーター名刺02

キッズレポーター名刺03

キッズレポーター名刺04