お菓子(かし)作りの専門店(せんもんてん)に行ってきました! パート2

2015年4月15日

私たち「元気シャッキーン!チーム」は、お菓子(かし)作りやパン作りとその道具の専門店(せんもんてん)「cuoca(クオカ)」に取材(しゅざい)に行きました!
このレポートは、パート1の続きです。

店長の岡里ゆかりさんがインタビューに答えてくださいました。

●このお店には、おかしを作る道具は、何種類(しゅるい)ありますか?
約4千種類(しゅるい)あります。

写真1 写真2
いろいろな材料(ざいりょう)                                     クリームしぼりの見本もたくさん!

●一番人気の道具は何ですか?
チヨダ金属(きんぞく)さんとcuoca(クオカ)が共同開発(きょうどうかいはつ)した、「焼き型(やきがた)」が一番人気です。
焼き型(やきがた)は、マドレーヌなどを作るときに使う道具です。

写真3

●お店には一日に何人くらい、お客さんが来ますか?
平日はだいたい300~400人くらい、休日はだいたい600人くらいです。

●一番忙しい時期は、いつですか?
バレンタイン前です。
1日にだいたい、800~900人くらい来ます。

●作るのが一番難(むずか)しいお菓子(かし)は、何ですか?
人によってちがうと思いますが、マカロンだと思います。
マカロンは焼(や)き具合が難(むずか)しいお菓子(かし)です※。

写真4
マカロン

※説明(せつめい):マカロンのまん中のギザギザしている部分のことを「ピエ」といいます。焼(や)き具合によってピエがうまく作れたり作れなかったりするため、マカロン作りは難(むずか)しいそうです。

●私でも作れる、かんたんなお菓子(かし)はありますか?
クッキーなどの焼き菓子(やきがし)は、お菓子(かし)作りになれていない人でもかんたんに作れます。楽しく作れるような、材料(ざいりょう)や作り方がセットになったものもありますよ。

写真5

●お店では、どんな考えや思いで、商品を売っていますか?
「手作りをもっとおいしく楽しく」をスローガンにしています。
「cuoca(クオカ)」は、イタリア語でお料理上手(りょうりじょうず)なお母さん、という意味なんですよ。

●このお仕事をしていて、うれしいのはどんな時ですか?
おかし作りの相談(そうだん)にのったお客さまが、できあがったおかしを見せてくれたり、後で、「(教えてもらった通りにやったら)うまくできました!」「おいしくできました!」と言ってもらえることがあって、それはとてもうれしいです。

●お客さまにどんなことを思ってもらいたいですか?
「手作りっていいな」と思ってもらいたいです。

●いろいろなお話、ありがとうございました!


★メンバーの感想★
ユーユ:こんなにいっぱい売っているお店は初めて見ました。特(とく)にチョコレートセラーがあること、和菓子(わがし)の材料も売っていること、お菓子(かし)作り専用(せんよう)のスタジオがあることなどにびっくりしました。
いちご:こんなにたくさんお菓子(かし)の道具などを売っていて、とてもびっくりしました。今度また、お母さんと行ってみたいです!
はやぶさくん:お菓子(かし)の専門店(せんもんてん)に初めて行って、とても楽しかったです!
はるき:お店にはパソコンがあって、とてもわかりやすかった。
CAT☆カメラ:売り方とか店内とかかわいい!! 今度自分で作ります。
★★★★★★★★★

取材チーム:元気シャッキーン!チーム
メンバー :ユーユ、いちご、はやぶさくん、りったん、はるき、CAT☆カメラ
取材協力 :cuoca自由が丘本店
(東京都目黒区緑が丘2-25-7スイーツフォレスト1F)