「ねこカフェクラブ」へ行きました!

2015年3月13日

たくさんのねこたちがいました!!
▲ねこが、ねこじゃらしにじゃれ合っているところ

 

 私たち「元気シャッキーン!チーム」は、自由が丘の「ねこカフェクラブ」に取材(しゅざい)に行ってきました。ここは、ねこと遊べる「ねこカフェ」でもあり、気に入ったねこは連れて帰ることもできるペットショップでもあるところです。
 店長の山岸久美子(やまぎしくみこ)さんにインタビューしました。

★店長さんへインタビュー★
●ここは、どんなお店ですか?
 たくさんの、かわいいねこたちとふれあえるお店です。
 このねこカフェは、10年やっています。1階がねこカフェで、2階は獣医室(じゅういしつ)、3階は気に入ったねことゆっくりふれあえる個室で、4階は子ねこの部屋です。
 1階は、ねこが30匹いて、建物(たてもの)全体では、50〜60匹います。

 

ねこが、ねこじゃらしにじゃれ合っているところ
たくさんのねこたちがいました!!

子ねこの部屋
子ねこの部屋

●お客さんはどれくらい来ますか?
1日で100〜140人くらい来ます。
年間だと、2万人くらいになります。

●どんなねこがいますか?
3種類(しゅるい)の猫

ここにいる主なねこは、スコティッシュフォールド、アメリカンショートヘア、マンチカンの3種類(しゅるい)です。
どのねこが一番人気かというと、種類(しゅるい)でいうと、スコティッシュフォールド。耳がたれていて、すごくかわいいねこです。性格別(せいかくべつ)にいうと、だっこしても、おこらないねこが人気です。
お店にいるねこで一番年上は7才くらい。一番小さいのは、シンガープーラーというシンガポールで発見されたねこです。こちらのねこも、おとなしくて人気があります。

●ねことはどんなふうに遊んだらいいですか?
ねこがしっぽを横にふっていたら、「遊んで」という合図です。
さわってもねこが嫌(いや)がらない所は、背中や耳などです。手足やしっぽをさわると嫌(いや)がります。嫌(いや)な時は、「シャーッ」とおこります!
ねこが嫌(いや)がらないように、ねこをびっくりさせずに、そうっとなでてあげてください。

●ねこのお世話(せわ)でたいへんなことはありますか?
毛が長いねこは、シャンプーするのがたいへんです。
でも、ねこと犬とでは、ねこの方が飼(か)うのは簡単(かんたん)だと思います。
ねこは死ぬまで元気です! ねこの1才は、人間でいうと18才です。

****************************************************

取材(しゅざい)では、特別に、生まれたてのねこをだっこさせてもらうことができました。つめが出ていて少しいたかったけど、毛はすごくふわふわで、気持ちよかったです。

子ねこの部屋
生まれたばかりの子ねことその親ねこ

生まれたばかりの子ねこをだっこさせてもらいました!!
生まれたばかりの子ねこをだっこさせてもらいました!!

★メンバーの感想★
いちご:こんなにたくさんねことふれあったのは初めてで、とっても楽しかったです!
ユーユ:ねこのふれあい方について教えてもらい、ねことふれあいながら取材できてよかったです。
はるき:私は取材には行けなかったけれど、ねこカフェクラブでは、すごくいい時間をすごせると思いました。
CAT☆カメラ:ねこの世話などは大変だということがわかりました。

取材チーム:元気シャッキーン!チーム
メンバー :いちご、ユーユ、るな、りったん、はるき、CAT☆カメラ
取材協力 :自由が丘ねこカフェクラブ
        ※現在は都合により閉店されました。(2015年3月)