お正月あそび

2011年3月10日

お正月あそび1
お正月あそび2
絵 (はねつき、こま)
絵 (百人一首、たこあげ)

 

お正月からは、少し時期が過ぎましたが、キッズレポーターがお正月に遊んだものを紹介します。
昔の人から受け継(つ)いで遊ばれている”あそび”、楽しいようです。


①<遊び紹介:みんなで遊ぶ編>

●かるた
二人から四人でやります。一人が読み手になり、残りの三人か二人が取り手になります。読まれたものとちがうものを、取ってしまったらおてつきとなり一回休みとなります。最後までやり取った枚数の多い人が、勝ちです。

●ふくわらい
ふくわらい専用の顔を、用意します。ない場合は自分で顔を、書き、目、鼻、口、眉毛をやる人に目かくしをして1つずつ、ふくわらいの顔の上に置いていきます。最後に自分でみて一番顔に近い形で置けた人の勝ちです。


 <わたしが実際やったお正月の遊びの感想>

私は4人ではねつきとかるたをしました。
 はねつきはとなりの人にはねをまわしていくというゲームと、だれが一番長くついていられるかをや  りました。
とても楽しかったです。
 かるたは、私が読み他の3人が取る役でした。私は読む人だけだったけど、見ているだけでおもしろ かったです。

今年、お正月あそびをしていない人は、ぜひ来年やってみてください。楽しいですよ!

                                  キッズレポーター: ゴースト・ラップ 

②お正月あそび

  ぼくがお正月に実際にやった遊びは、大富豪(だいふごう)(トランプ)と野球です。大富豪はいとこ
 たちと10人でやりました。ぼくが1位になった時はうれしかったです。
 
  野球はなかなか決着がつきませんでした。2時間後にやっと決着がついて、結果8-7で
 負けてしまったけど楽しかったです。

  お正月の遊びは、たこあげやかるた(百人一首)、すごろく、ふくわらい、こままわし、
 けんだま、おてだまなどが思いつきます。ぼくはこういうお正月の遊びはあまりやって
 いないけど、このようなお正月の遊びは昔から続けられていることで、未来にも残したい
 から来年やろうかなと思いました。

                                     キッズレポーター: みやわた