知っておきたいサービス!目黒区産前・産後支援ヘルパー派遣事業

2019年2月13日

目黒区では、産前産後の家事や育児の支援を目的に、シルバー人材センター等よりヘルパーを派遣して乳児のお世話や家事援助を行うサービスを行っています。

<対象>目黒区在住の出産前・出産後の子育て家庭

<時間と期間>
一日2時間以上3時間以内(午前9時から午後7時まで)

多胎児以外:出産予定日1か月前から産後6か月の間で合計45時間、ただし利用開始予定日の4か月後の前日まで
多胎児:出産予定日1か月前から産後1年未満の間で合計120時間

<支援内容>
育児(沐浴の補助、ミルクの授乳、おむつ交換)
家事(食事の下ごしらえ、衣類の洗濯、緊急を要する買い物、買い物補助、居宅の掃除(1室のみ)
付き添い(母又は赤ちゃんの健診時の付き添い、交通費は別途負担)
上の子の世話(赤ちゃんの育児中の居宅内での世話及び見守り)

<費用>1時間500円(生活保護受給世帯、住民税非課税世帯は無料)、最初の6時間は無料

<申請から利用までの流れ>
①区ホームページから申請(出産予定日の2か月前から申請可)
②事業者から電話がくる
③事業者が家庭訪問し、サービス内容の詳細・派遣の曜日や時間の打ち合わせ等を行う
④派遣開始

私は、第一子出産時はこの案内用紙が「母と子の保健バッグ」に入っていたものの、産後のバタバタで申請するのをすっかり忘れ、気づいた時には期間が過ぎていた経験から、第二子の時は念入りに申請期間も考え申請しました。利用期間中に区内で引っ越しをしたため、2人のヘルパーの方にお世話になり、お手数とご迷惑をおかけしてしまいましたが、どちらの方も大変親切で、産後の心身ともに不安定な時期に心強い存在でした。実家が遠く、主人も仕事で不在が多い我が家にとっては、定期的に出入りしてくれる方がいるだけで、私自身が世間話ができ有難かった上に、子どもにとっても慣れ親しいおばあちゃんが来てくれるようで喜んでいました。
自宅に出入りされることへの感じ方は人それぞれかと思いますが、育児中に応援してくれる方が傍にいてくださることは本当にありがたく、利用した私の感想としては素晴らしいサービスだと心から感謝しています。(編集員T)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

初めての子供で、ヘルパーさんに来て頂くというのも初めてで緊張しました。
いざ来てもらう事になると、部屋があまり汚いと失礼かなと予め掃除をしたり、家事を頼むのは気が引けて、ただ子供を抱っこしてもらう事しか頼めませんでした。
その間私は家事をしていたのであまりお話もせず、三回でやめてしまいました。
せっかく来て頂いたのだからもっと頼ったりお話したりすれば良かったな…と思います。
同時期に出産した友達はヘルパーさんに家事を色々お願いして信頼関係を築いて、サービス終了後も子育てを見守ってくださる存在になっているらしいです

初めてヘルパーさんに来てもらう方へ。

あまり緊張せず、思いきって頼ったり、お話してみてください。(編集員M)

問合せ先:子ども家庭課子ども家庭支援センター係  03-5722-9743
詳細・お申し込みはこちら
 

お問い合わせ

めぐろ☆すくナビ2