じゃぶじゃぶ池【2019年版】

2019年8月2日

いよいよ夏到来。暑い季節、お子さんと一緒にじゃぶじゃぶ池で涼んではいかがでしょう。
目黒区とその周辺のじゃぶじゃぶ池口コミ情報をお届けします。

ほとんどの区立公園が8月31日までの期間、午前は9時30分から11時30分まで、午後は2時から4時まで行っています。
ただし、清掃や修理等の理由で行っていない場合もあるとのことです。

◆利用の際は保護者同伴でお願いします。
◆遊ぶ際は水着や、Tシャツ・パンツなどを着ましょう。
◆更衣室はないので、着替えに使えるよう、スナップ付きバスタオルを持って行くと便利です。
◆遊んだ後は手足を洗いましょう。
◆池の水に顔をつけたり、口に入れたりしないようにしてください。
◆素足で使用するのやめましょう。
◆オムツでの利用はご遠慮ください。

駒場野公園

「自然」をうたっているこの公園。夏本番前に一度清掃が入り、あとは自然のままにしているそうです。広くて小学生も楽しめそう。木陰になっているので、お散歩がてらチェックしてみてはいかがでしょう?

西郷山公園

台地の上には、明るい芝生広場とこれを一周する園路・人工の流れを配し、子どもたちがのびのび遊べるスペースになっています。

東山公園(拡張部)

東山児童館側のビオトープの横に、じゃぶじゃぶ池のコーナーがあります。池全体は、とても浅いです。流れの部分は、大人の足首くらいの浅さなので、小さいお子様でも遊びやすいと思います。未就園児、幼稚園児がよく遊んでいます。新しい公園のため、じゃぶじゃぶ池の真上は木陰になっていませんので、晴れた日は帽子&日傘をお忘れなく。着替える場所はありませんが、近くに多目的トイレがあります。

オーパス夢ひろば

人工芝のコートの奥にある、水遊び場です。浅いので、小さなお子さんも大丈夫。サッカー遊びをした小学生の男の子達が、思いっきり水をかけあって遊んでいました。コートを挟んでトイレもあるので、着換えも可能です。時間によっては保育園児で賑わっています。

中目黒公園

こじんまりとしてますが、キレイで幼児むけ。隣にブランコ、滑り台、砂場のある小さな公園もあります。

三田丘の上公園

場所が少し分かりにくいですが、とてもきれいに整備&管理されている、じゃぶじゃぶ池です。水の深さも、大人の足首程度ですので、小さなお子さまも安心して遊べそう。恵比寿ガーデンプレイスのエリアを抜けて、ホテルウェスティンの方へ道路を渡り、山手線の線路手前の交番を左に曲がって少し歩くと、公園の入口が見えてきます。

大鳥公園

下目黒住区センターの隣にある憩いの公園です。水位が低いので子ども達も動きやすそう。水鉄砲やボールなどのオモチャ持参で近所の幼児が遊んでいますよ。

中町せせらぎ緑地公園

公園の真ん中付近に、大きな滑り台つきの遊具があり、その横から奥にかけて、じゃぶじゃぶ池のコーナーとなっています。深い部分と浅い部分があるので、幅広い年代のお子様におすすめできるかも。広い公園ではありませんが、大きな木がたくさんあり、木陰も多いので、休憩しやすかったです。

こなべ野公園

小さな噴水があります。

中根公園

真ん中に行くにつれ深くなっています。小学生も水遊びを楽しめます。

ポケットオアシス清水(目黒本町1-6-1)

街角のちょっとしたスポット。10メートル四方位のこじんまりとしたスペースです。幼児向きかな?散歩のついでにちょっとジャブジャブしてみては?

清水池公園

浅く狭い水路ですが、幼児が走り回っています。幼児連れに人気です。

めぐろ区民キャンパス公園

水位が低いので、1歳前のお子さんでも楽しめそう。木陰が多く、ママたちも岩に腰をかけ、靴を脱いで足を入れて涼んでいますよ。せせらぎが子ども達の好奇心をそそります。

都立林試の森公園

7月6日(土)~9月1日(日) 午前10時~午後3時※毎週木曜日は清掃日のため利用不可。また雨天時や低温(外気温が25℃以下)の場合は休止することあり。
ジャブジャブ池というより、本格的水遊び場という感じ。 浅いところも深いところもあるし、たくさん遊べます。週末は混んでいるので平日がオススメ。着替えスペースが設けられています。水遊びの後、公園で遊ぶ時は虫除けをお忘れなく。。。

都立駒沢オリンピック公園

令和元年7月13日(土)~9月1日(日) 10:00~16:00  定休日(点検・清掃のため)
終日休み:7月25日(木)、8月7日(水)
半日休み(13:00から解放):8月20日(火)
※低温の日(外気温25℃以下)や、雨天時は休止する場合があります。