交通ルールを教える~衾町公園にいってきました~

2018年7月9日

 東急東横線都立大学駅から歩いて10分くらい、パーシモンホールの近くに「衾町公園」という公園があります。「めぐろ子育てホッ!とブック」にも掲載されている公園で、公園と交通公園がセットになっている公園です。

 2,3歳になるとストライダー、キックボード、三輪車と自分の足でこいで運転できる乗り物に乗りたがります。子どもと一緒に歩いて教える交通ルールも大事ですが、子どもが乗り物に乗った時の交通ルールはちょっと違うなぁと思っていました。そんな時に、お友達から自転車練習のお誘いを受け、補助輪付きの自転車練習をしに、衾町公園にいってきました。
 息子は、代々木公園、駒沢公園のサイクリングセンターで補助輪付きの自転車に乗ったことがあるので運転できるのですが、衾町公園は「交通公園」なので、信号、踏切、横断歩道があります。しっかり信号を見て止まれるか、踏切を渡る時は何に注意をしなくてはいけないか、白線からはみ出ると対向車とぶつかる、などなど、乗るだけではなく、交通ルールを教える公園として最適です。
 しかも、子どもが自転車を練習しながら、交通ルールを覚えることができる。
 田舎育ちの私からすると、「こんな公園があるんだー」と不思議でしたが、都内は自転車練習をする場所もなければ、山手通りや駒沢通りなどは自動車の往来が激しいので、ありがたい公園です。
 はじめて自転車を練習する子もいれば、補助輪なしの自転車練習をする子もいる、スピードを出して自転車を完全マスターして乗っている子もいます。いろんな子どもが自転車で遊んでいました。息子も最初は戸惑いつつも、交通ルールを守りながら、楽しく運転して遊んでいました。私は常に「そこで止まるよー」「スピード出して競争しない!」とか...叫びながら、自転車を追いかけていましたが、丸一日乗っていると、少しずつ交通ルールも覚え始め、周りを見ながら運転していました。

 私は親から交通ルールをどのように教えてもらったかは全く覚えていませんが、命にかかわることをしっかりと教えること、これは親の責任でもあると思い、多少きつい言葉で大声をはりあげても、しっかりと教えなくてはいけないと思いました。

 ちなみに、衾町公園は2017年4月にリニューアルされて、とてもきれいな公園です。道を挟んで児童公園もあるので、一日楽しめます。中学生以下の方に無料で自転車を貸し出しています。三輪車も練習できますので、是非お天気のよい日にでも行ってみてください。

目黒区衾町公園・衾町公園児童交通施設ホームページ:http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/fusuma.html

 


編集員:Sくんママ