「園児とあそぼう会」と「園庭開放」に行ってきました

2018年4月19日

区役所等で配布されている「区立保育園子育て支援行事予定表」をみて、不動保育園と中央町保育園の「園児とあそぼう会」と「園庭開放」に行ってきました。「園児とあそぼう会」は、それぞれの園で普段園児が行っているリズム遊びに、一般の区民も一緒に参加できるものです。


不動保育園のあそぼう会は、朝9時20分開始。
普段のんびりマイペースに過ごしているわが家には早いスタートですが、気楽な格好で参加させてもらっています。広めのお部屋で園の先生がピアノを弾いてくださり、他の園児の皆さんと音楽に合わせて体を動かしたり歌ったり。

普段、大勢のお友達と交わる機会の少ない2歳の娘にとってはそれだけで刺激的。集団生活に慣れたお子さん方の動きに、母親として感心しつつ、娘にも少し味わってもらいました。
先生やお友達のマネをしたり、生のピアノの音を体感できます。中央町保育園も同じような内容でした。
季節や天気によって外に連れ出しにくい日は特に有難く、また私自身年子で下の子が生まれた直後は猛暑が続いたのでこのような室内のイベントは、とても助かりました。

「園庭開放」は、園庭を決まった時間の間、自由に使わせてもらえるもので、砂場の道具やタイヤなどの道具も貸してもらうことができます。
園児も外遊びをしている時間だと同い年や少し年上のお兄ちゃんお姉ちゃんの遊びをみて学んだり、園児が声をかけて一緒に遊んでくれることもあります。
私のお友達のお子さんは、元気いっぱいの男の子で、どこまでも走って行ってしまうので、下のお子さんがハイハイ時期は、この囲いのある園庭で遊ぶことができて安心だと話していました。

「あそぼうの会」も「園庭開放」も、園の先生方がとても親切で、生活リズムの作り方や離乳食について立ち話をしながら様々なアドバイスをもらうことができ、心強かったです。(園の先生のお仕事や忙しい時は短時間の相談になります)

ぜひ自分の生活リズムに合った時間や距離の園をみつけて、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

区内保育園の子育てふれあいひろば情報は、コチラから↓
http://www.city.meguro.tokyo.jp/event/moyooshi/hoikuen_moyhooshi.html