「幼稚園って?」プチ講座&座談会に参加してきました。

2016年7月19日

先日、めぐろ子育てマップ作り隊主催の「幼稚園って?」プチ講座&座談会に参加してきました。
幼稚園の基礎知識、幼稚園での一般的な過ごし方、先輩ママからのお話を聞いてきました。

もうすぐ2歳になる息子をもつ私自身、幼稚園でどんなことをしていたのか思い出すこともできず、
地方と東京との違いもあり、特に都心部は選択肢がありすぎて、何をどう進めたらよいのやら…
と思っていたところで、参加して「なるほどー」と感心することばかりでした。

幼稚園は、文部科学省の管轄で「保育」ではなく「教育」であること。
3歳は自分の周りに目が向く、社会へ踏み出していける時期であり、子どもが最初に出会う社会が幼稚園であること。
そして、幼稚園は、「自分」を認めてもらえる場所、家庭とは違うもう一つの自分の居場所となるところ。だとお話を伺いました。

そして、先輩ママからお子さまが通園する幼稚園を選んだポイントや理由、入園考査や面接までに気を付けて過ごしてことなどをお聞きしました。

先輩ママが共通してお話されていたことは、

  • 自分の目で幼稚園を見て選ぶこと
  • 園の教育方針と家庭の教育方針があっている
  • 母親が楽しめる幼稚園であることが大事
  • 入園考査、面談までは、子どもが敏感なので、毎日の生活リズムを崩さないようにする
  • とにかく普通に過ごす
  • 未就園児クラス(プレ)もチェックする など

園の特徴も含め、いろいろと経験談をお聞きすることができました。

まだお子さまが0歳のママや、パパも一緒に参加されているご家族、会が終わった後も、
先輩ママに質問されている方もいらっしゃって、みなさん非常に熱心でした。

最後に、とても大事な事だと思いましたので、めぐろ子育てマップ作り隊の幼稚園の先生経験のある方からのコメントをご紹介します。

「幼稚園に入園するまでの家庭教育は大事です」

  • 食事、睡眠、排せつなど生活リズムを整えること
  • 外遊び、歩くことを中心に、身体をつくること
  • 話を聞いてあげること(子どもも人の話をきけるようになる。大人も子どもに丁寧に向き合うこと)

そして、「幼稚園に入ったから、それで終わりではない。子どもを見てくれる環境が増えるだけで、あくまで家庭が基本です」

・・・・・

毎日育児をしていく中で、子どもの個性を伸ばせる、楽しめる幼稚園を見つけていきたいと思うキッカケになった会でした。

まずは、いろんな情報に流されず、めぐろ子育てマップ作り隊が発刊している「めぐろ幼稚園ガイド」を参考にして、バザーや運動会など幼稚園を見学にいってみたいと思っています。

編集員:Sくんママ

関連ワード