雨の日も子どもと楽しく過ごしましょう(2016年バージョン)

2016年6月17日

梅雨の季節です。雨が降るとお出かけできず、家の中でモンモンと過ごしていませんか?

そこで今回は雨の日の過ごし方ヒントを集めてみました。参考にしてみてください。そしてグッドアイデアをお持ちの方はぜひお知らせください!

インドア編と思い切って出かける!編に分けてみました。

思い切って出かける!編には近場編とちょっと遠出編を紹介してあります。

インドア編

普段から雨で外出できないときに使えそうなこと、もの(廃材など)を用意しておくと、いざというときに使えるのではないでしょうか。

●家事をする

一緒に洗濯ものをたたむ、雑巾がけをする、普段後回しにしている片付けをする、(子どもは身近な大人のすることの真似をしたがりますよね、かえってグジャグジャになってしまうことを怖れず、やってみましょう。)

1歳半過ぎ位からなら、まな板と食事用ナイフと棒状の人参やバナナがあれば、台所仕事をする大人の隣で真似して過ごせることも。(くれぐれもケガにはご用心)

●わらべうたや音楽を楽しむ

わらべうたの載っている本、音の出る本やCDを活用してみましょう。親子で楽しめばレパートリーも増えますよ。

●クッキーや団子など簡単にできるオヤツを一緒に作っていただく。

●新聞紙を破って破って楽しんだ後は、ビニール袋に入れてボールに変身。

●小麦粉粘土を作って遊ぶ。(作り方は下記参照)

●シール遊び

●目新しい玩具や絵本を用意しておいて、これを機に出す。

●空の牛乳パックやティッシュペーパーの箱の回りに、油性ペンで絵を描いて、電車やロープーウェーに見たてて、遊ぶ

●大きなダンボール箱を家に見たてたり、トンネルにしたり、車にしたりして、遊ぶ

●ラップやトイレットペーパーの芯を二重に重ねて、伸ばしたり、縮めたり。遠眼鏡にしたり、耳に当てて小声でないしょ話をしたりする。

●「あそぼう、あそぼう、おとうさん」という本を参考に、大人の体の上に乗ったり、ぐるぐる回りをしたり、小腰をかがめた大人の膝の上に立ち、後ろに回転するなど、身体を使って遊ぶ

●スーパーのちらしから、子どもの好きな品物の写真を切って、お店屋さんごっこをする

●軒先で、しゃぼん玉を作って遊ぶ

●お菓子の家を作る(砂糖にレモン酢を少し混ぜるとのり代わりになります。これでビスケットをつないで壁にします。あまりおいしくないお菓子が、おさとうとレモン酢でおいしくなりますよ)

 思い切って出かける!近場編

 親子共々、防水撥水加工のあるしっかりしたレインスーツを着て、散歩に出かけてみましょう。普段とは違った光景で、子どもにとっても新鮮なことがたくさん!水溜りだけで遊べたりします。レインスーツのフード下にツバのある帽子をかぶると顔に雨が当たりにくいです。もちろんレインブーツも履いて。でも風邪を引かないよう、、ほどほどに。雨でも開いている遊び広場もあります。

●のざわテットー広場

http://tettohiroba.lolipop.jp/

●保育園の室内解放

http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/kosodate/hoikuen/hoikuen_sienjigyo/kotori.html

●ほ・ねっと ひろば

http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/kosodate/hoikushisetsu/honettohiroba.html

●児童館

http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/jidokan_club/jidoukan/

●図書館

http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/toshokan/

思い切って出かける!ちょっと遠出編

●こども科学センター・ハチラボ

http://www.city.shibuya.tokyo.jp/edu/bunka/hachirabo.html#1

●NHKスタジオパーク

http://www.nhk.or.jp/studiopark/

●しながわ水族館

http://www.aquarium.gr.jp/index.html

●渋谷区文化総合センター大和田

http://www.shibu-cul.jp/

●電車とバスの博物館 |東急電鉄

http://www.tokyu.co.jp/museum-2/

小麦粉粘土の作り方

他にも何通りかあるようです

材料

  • 小麦粉3カップ
  • 食塩水1カップ(水1カップ、塩1/4カップ)
  • 食用色素(赤、黄、緑、青などお好みで)
  • サラダ油

作り方

  1. 食塩水に食用色素を加える。
  2. 小麦粉をボールに入れて少しづつ 1を加えてこねる。
  3. 好みの固さになったら手のひらに油を塗ってさらにこねる。

ワンポイントアドバイス

冷蔵庫で一晩寝かせたり、強力粉で作ると粘り気アップ!

レジャーシートの上で遊ぶと部屋が汚れないし片付けも楽。

食用で作るので、スプーン、フォーク、ナイフ、クッキー型が使える。

 

いかがでしょうか。雨の日こそ、普段できないようなことに挑戦してみると、子どもの意外な面を発見できたりするかも!?です。