もうすぐ小学校1年生!―目黒区の「ランドセル来館」をご存知ですか?

2016年3月28日

保育園や幼稚園をご卒園され、この4月から小学1年生となるお子様のお父様、お母様。ご入学おめでとうございます。生まれたてほやほやだったわが子が、ずいぶんとお兄さん、お姉さんになったなあ、と成長を実感していたりするのではないでしょうか。

 4月からは、小学校生活が始まりますね。入学すると、登下校など子どもだけで行動しなければならない場面も増えてくると思います。子どもたちにとって、ちょっと不安かもしれませんね。

 そして、親御さんにとって入学して初めての保護者会。

 保育園や幼稚園での保護者会の場合、保育時間の間に行われることが多いので、子どもの預け先に困ることはありません。しかし、小学校での保護者会は、放課後に行われます。だから、入学して最初の保護者会では、保護者会の間、まだ新しい生活に慣れていない1年生の子どもをどこに預けるか、ちょっとした悩みの種になりがちなのです。新1年生のお子様の親御さんは、戸惑ってしまうのではないでしょうか。実は、私も昨年、長女の初めての保護者会の時、困ってしまいました。

 目黒区には、「ランドセル来館」という制度があります。

 ランドセル来館とは、小学生が放課後にまとまった遊びの場を確保できるよう、下校後自宅に帰宅しないでランドセルを背負ったまま児童館に来館できる制度です。保護者が就労等のため家庭で保育できない場合にも利用できます。この制度を利用するためには、予め登録・面接が必要です。

 私も、長女の入学前の春休みに、ランドセル来館制度を利用するために、最寄りの児童館で面接・登録をしました。登録をすると、利用カードがもらえます。学校の授業のある月曜日から金曜日の放課後から児童館の閉館時間(18時)までが利用時間です。予め曜日を決め利用する「定期利用」とそうでない「不定期利用」の利用方法があります。

 詳しくは、最寄りの目黒区内の児童館にお尋ねください。入学の前後、登録しておくと安心して小学校生活をスタートできますよ。

                      

編集員みんみん

関連ワード