親子で楽しくちゃり~とあそぼう!クリスマス会に行ってきました

2015年12月16日

コープみらい東京都が主催の「親子で楽しくちゃり~とあそぼう!クリスマス会」に親子30組の枠に当選したので、3歳3ヶ月の息子と遊びに行ってきました。12月5日(土)10時30分~12時、目黒区中央町社会教育館で行われました。
対象年齢は、1~5歳ですが、会場を見回したところ、1、2歳が半数以上で、3歳以上が3分の1程のようでした。
ちゃり~さんは、世田谷区の保育園で園長を務められ、3歳のお子様もいらっしゃるそうです。
サンタクロースの衣装を身に纏い、183㎝という大柄の男性のちゃり~さんが、音楽に合わせて、ゆっくりとした足取りで(大きいので、子供が怖がらないためにだそうです)登場しました。
親子でふれあう遊びを一つでも自宅に持ち帰って、実践してくださいということで、
パントマイム、バルーンアート、手遊び歌などを楽しい会話とともに実演されました。
パパの参加者が8組もおり、パパが前に出て、ちゃり~さんの真似をして踊ったり、うさぎの真似をして会場を周ったり、パパ達も一生懸命育児に参加していることが伝わるような姿でした。

ちゃり~さんは、何度も「あっ!その前に、むぎゅ~(子供を抱きしめる)」を子供にしてあげてくださいと、言っていました。
育児中は、イライラ顔が多くなっていませんか、そんな時でも、笑いに変えちゃいましょう。むぎゅ~と子供を抱きしめたら、親子で笑顔になりますよ。
・・・確かに、最近、出かけること一つとっても、遊びをなかなか中断しなかったり、靴をすぐに履かなかったり、時間がかかって、ママは段々イライラということがよくあるなと自分自身を振り返り思いました。
その前に、むぎゅ~してから、さあ、出かけよう!と言ってみたら、気持ちよく出かけられるかもしれないと思いました。

後半では、手品がありました。色が変わるスカーフと本、スプーン曲げ、フォーク曲げなど、息子は、不思議だね~と、会の中で一番楽しんでいました。

最後に、クリスマス会ということで、サンタさんが登場しますと、ちゃり~さんが発表してくれました。
サンタさ~んの掛け声で登場したのは、プレゼントを持ったちゃり~さんでした。
子供たちも、ちゃり~さんじゃないかとツッコミを入れて笑いながら、お菓子のプレゼントを一人ずつ受け取りました。

1~5歳の幅広い層に興味を持ってもらうことは、大変だったと思いますが、色々な内容が盛り込まれており、どちらの年齢でも楽しめる場面がありました。

24時間のうち、少しでも良いので、親子でふれあう時間を大切にしてください。それが重なって、親子の絆ができますというお話も印象的でした。
家に帰って、手遊びの「一本橋こちょこちょ」の種類豊富なバージョン(エレベーターこちょこちょ、螺旋階段こちょこちょなど)もぜひ実践してみようと思います。

親子でとても楽しい時間が過ごせました。

1

2

3

4