【2014年11月公開記事】夏休みを振り返って

2014年11月17日

夏休み前に、編集員の夏休みプランを紹介しました。さて改めて、その夏休みを振り返ってみたいと思います。
……ここでひとつ、申し上げておくと、未就園児を持つ家庭と、幼稚園・小学生を持つ家庭では、「夏休み」の時期にズレがあることがわかりました。前者は、夏休みというと7月~10月終わりまで、親が仕事の関係でフレキシブルに夏休みを取るのでそれに合わせた時期を、後者は、7月下旬~8月末まで学校や幼稚園の休みに合わせた時期を指しました。
それで、2回に分けて、振り返りを紹介します。

<<<パート1>>>

~みんみん親子の場合~
夏休み開始前に、「お水に顔をつけて足をバタバタさせる」という目標を立てました。
休み明け、振り返ってみると長女は水中に潜って足をバタバタさせることができるようになりました!これも、親子でプールで練習した賜物・・・、といいたいところですが、お風呂での水遊びが結果につながったようです。今年は、猛暑で野外のプールにはあまり行くことができませんでした(反省)。


~すずらん親子の場合~
この夏で息子は2歳になりました。ジャブジャブ池でお友達と遊んだり、花火をしたり、去年出来なかったことがたくさん出来るように成長していました。
トイレトレーニングを目標にしていましたが、7月前半にトイレに慣れてきたはずが、8月から行きたがらなくなり、無理強いはやめようということで、失敗に終わりました。
2歳のお誕生日には、「2」の形の大きなケーキを作りました。ろうそくの火を「ふー」と吹き消すことができるようになったなんて♪などと色々な成長に感動した夏休みでした。


 ~まーくんママ親子の場合~
我が家は末っ子の息子が中2ですが、息子はどこにも行きたくないと主張するので、息子の学校の宿泊研修の間に、夫婦二人で東北旅行に出かけ楽しみました。
息子に夏休み始まる前、今年は、宿題について何も言わないよ!、母さんに頼みたいことなどがあれば、早めに言わないと、こちらも予定があるからね~と言っておいたのに・・・・結局、のんびり息子に、こちらがみていられず、手出し口出し、やっと宿題終了~ 夏休み最後の部活試合に負けて良かったね~(勝っていたら、最終日も試合だった!) という夏休みでした。


~ユッチーママ親子の場合~
今年は、1泊でちょこちょこと出かけました。
川キャンプではキャンプデビュー、もっと身軽に何度も行きたい!と思いました。
鎌倉の花火大会は、浜辺で鑑賞、たいした混雑もなく穴場!来年も絶対行きたいです。
山小屋宿泊では、あいにくの雨でしたが、それなりに楽しかったです。
昨年から夏の恒例イベントに加えたブルーベリー摘みは、味見しながら摘んで楽しく美味しく二重マル!。実は全部、母子(小1)だけで行動です。中学生の上の子とは、学校の宿泊、クラブ活動、塾の夏期講習などで全く予定が合わず一緒に旅行することもできませんでした。
休みの最後の方に、これまた一泊で、子どもだけのテントキャンプに行かせました。
雨に降られたけれど、100泊したかった!と言うほど楽しい思いをしたみたいです。
・・・今夏は、こうやってたっぷり子どもと一緒に過ごす夏にしたのが功を奏したのか、ぴったりくっついていた子が、私から離れて、できあがった自分の部屋で一人で寝るようになりました。親としてはこのことが一番の成果です^^。


いかがでしたか?
子どもが大きくなると、あらかじめ夏休みの目標や計画をたてておいて過ごすと、充実感が増すようですね。
次回パート2は、旅行がメインだった編集員たちの夏休みをご紹介します。