【2013年12月公開記事】「クリスマスイベント 親子で楽しむオペラ」に行って来ました

2013年12月19日

12月11日(水)、「クリスマスイベント 親子で楽しむオペラ~プロのオペラ歌手によるオペラを通してこどもの心に本物の演奏を~」(スマイリーマム親子イベント)に1歳3ヶ月の息子と一緒に行ってきました。

私は、音楽鑑賞が趣味で、子どもにも生演奏を聴かせたいという思いがあり、日頃から子どもと一緒に参加できるコンサートはないか探していました。クリスマス時期にふさわしい音楽のコンサートに子どもと一緒に行かれるということで、当日を楽しみにしていました。

場所は、表参道のケヤキ並木を眺められる、カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」。子どもの年齢制限は特にありませんでしたが、平日の午前中ということもあり、未就学のお子様が多く、まだ首がすわらない赤ちゃんもたくさん来ているように感じられました。

全席指定で、小さなお子様はママのお膝の上に座ってコンサートを聴くことになります。私は、前から3列目の端のお席に子どもと一緒に座りました。
舞台は、観客席よりも10cmほど高さがある壇上で、一列目との距離は2~3m位のため、舞台と観客席が近く、臨場感と親近感がありました。
演奏は、ソプラノ、バリトンの歌手とピアノ。曲目は、誰もが知っているものが多く、映画「ティファニーで朝食を」のムーンリバー、童謡の森のくまさん、ミュージカル「リトルマーメイド」のアンダーザシー、そしてジングルベルなどのクリスマスソングでした。

明るいリズム感のよい音楽で、子どもたちは演奏に合わせて体を揺らして楽しんでいました。演奏中に歌手の方が座席まで来てくださったり、子どもの状態によっては適宜、通路等で抱っこして聴いても大丈夫とのご配慮があり、居心地のよい空間でした。

演奏は1時間で、途中、10分間の休憩がありました。
写真撮影は『いつでもOK』ということもあり、休憩中は、舞台の上でピアノを背景に子どもを抱っこして撮影したいママたちの行列が出来ていました。

後半の部になると、息子は舞台に上がりたい様子で通路前方まで行くので、それ以上行くのを止めるのが大変でしたが、最後、歌手の方との写真撮影の際に、 「前に来たかったよね。一緒に楽器を演奏できるコンサートもあるので、よかったら今度はそちらにも来てくださいね」
とおっしゃっていただき、帰り際まで居心地よく過ごさせていただきました。

編集員 すずらん