【2011年7月公開記事】この夏の節電は必須。そこで、編集委員が我が家の節電アイデアを紹介!

2011年7月21日

《Sさん》
★電源を、ただのタコ足配線から、一括スイッチ付きタップに変えました。
「なんとな~くテレビを付ける」ということがなくなりました。その代わり、子ども達に一人一枚の図書館カードを作り、借りてきた本の置き場所をテレビの横に。すると今までテレビを見たがった時間帯も、図書館から借りてきた本を読む時間に変身。一石二鳥とはまさにこのこと?

★友人からご飯をアルミ鍋で炊く方法を教わりました。このアルミ鍋炊飯は実にシンプルで簡単。1合も4合も30分でホカホカ。皆様もお試しあれ。
   ---砥いで水に30分以上漬けた精米---
   1合に対して190ccの水をアルミ鍋に入れ鍋を強火にかける。
   沸騰して蓋が浮いて汁が溢れてきたら5秒我慢して弱火10分。
   火を消して10分。   炊き上がり~

  ----砥いですぐの場合---、
   1合につき200ccの水をアルミ鍋に入れ、鍋を中~強火にかける。
   沸騰して蓋が浮いて汁が溢れてきたら即弱火10分。
   火を消して10分。   炊き上がり~

《Kさん》
★我が家の節電はシンプルに『早寝早起き』です。
震災直後は家族で8時前には子どもと一緒に就寝。
寝てしまえば電力は使わないので、ある意味究極の節電ではないでしょうか。

★1時4時、昼寝のススメ
世界の中でも昼間暑い国はみな、午睡の習慣がありませんか?
ならば、午後は親子でお昼寝はいかがでしょう?
風がはいっていればそのままでも涼しいかもしれませんし、
扇風機をつけて、その前に凍らせたペットボトルを何本か置くとさらに涼しい風が吹きます。
ただでさえ体調を崩しやすい猛暑の時期を、しっかいお昼寝で体力を蓄えれば元気に夏を乗り越えられそう。風鈴をセットしたり、お昼寝後に冷たい果物のおやつを用意したり。
楽しい仕掛けをたくさん作って、子どもとお昼寝タイムを楽しもうと思っています。

《Yさん》
・水は使ってしまうかもしれないけどお風呂でなくシャワーにする。お風呂にするときは、家族がまとまった時間に入り、自動保温時間を短くする。
・不必要な電球を外す。
・洗濯機を夜まわす。

《Oさん》
★熱中症予防にも飲み物は不可欠。しかしながら、そのたびに冷蔵庫をあけて冷たい飲み物を取り出すのは、冷蔵庫の節電には×。自宅にいるときにも、水筒に飲み物をいれて飲みましょう~

★自宅でエアコンつけるよりは、涼しい場所に出かけましょう!
  児童館・ショッピング・・・・


無理な節電はストレスや体調不良のもと。楽しみながら、無理せず節電しましょう~