じゃぶじゃぶ池【2016年版】

2016年7月24日

いよいよ夏到来。暑い季節、お子さんと一緒にじゃぶじゃぶ池で涼んではいかがでしょう。
目黒区とその周辺のじゃぶじゃぶ池口コミ情報をお届けします。

ほとんどの区立公園が7月1日から8月31日まで、午前9時30分から11時30分まで、午後2時から午後4時までで運転しているようです。
また、清掃や修理等の理由で運転していない場合もあるとのことです。

駒場野公園

「自然」をうたっているこの公園。夏本番前に一度清掃が入り、あとは自然のままにしているそうです。広くて小学生も楽しめそう。お散歩がてらチェックしてみてはいかがでしょう?

西郷山公園

広い芝生ひろばの奥に、流れがあります。ごつごつした岩場の間の、自然な川という感じです。

東山公園(拡張部)

東山児童館側のビオトープの横に、じゃぶじゃぶ池のコーナーがあります。池全体は、とても浅いです。流れの部分は、大人の足首くらいの浅さなので、小さいお子様でも遊びやすいと思います。未就園児、幼稚園児がよく遊んでいます。流れが湧き出てくる岩場の部分は、幼稚園生くらいだと、登って遊ぶのも楽しいと思いますが、思わぬ怪我にならないよう、ご注意ください。新しい公園のため、じゃぶじゃぶ池の真上は木陰になっていませんので、晴れた日は帽子&日傘をお忘れなく。着替える場所はありませんが、近くに多目的トイレがあります。池のお水は、毎日入れ替わっているようでした。

オーパス夢ひろば

人工芝のコートの奥にある、水遊び場です。浅いので、小さなお子さんも大丈夫。サッカー遊びをした小学生の男の子達が、思いっきり水をかけあって遊んでいました。コートを挟んでトイレもあるので、着換えも可能です。

中目黒公園

こじんまりとしてますが、キレイで幼児むけ。隣にブランコ、滑り台、砂場のあるちいさな公園もあります。公園内の「花とみどりの学習館」には、おむつ換えつきのトイレもありますよ。

三田丘の上公園

場所が、少し分かりにくいですが、とてもきれいに整備&管理されている、じゃぶじゃぶ池です。水の深さも、大人の足首程度ですので、小さなお子さまも、安心して遊べそう。恵比寿ガーデンプレイスのエリアを抜けて、ホテルウェスティンの方へ道路を渡り、山手線の線路手前の交番を左に曲がって少し歩くと、公園の入口が見えてきます。

大鳥公園

水位が低いので子ども達も動きやすそう。水鉄砲やボールなどのオモチャ持参で近所の幼児が遊んでいますよ。

中町せせらぎ緑地公園

公園の真ん中付近に、大きな滑り台つきの遊具があり、その横から奥にかけて、じゃぶじゃぶ池のコーナーとなっています。深い部分と浅い部分があるので、幅広い年代のお子様におすすめできるかも。広い公園ではありませんが、大きな木がたくさんあり、木陰も多いので、休憩しやすかったです。

三角山公園

通常は水量が少ないこの公園の池も、7月から水量が増えました。普段からあまり小さなお子さんは遊んでいない公園のようですが、せせらぎぶりはなかなかですよ。

こなべ野公園

小さな噴水があります。

中根公園

真ん中に行くにつれ深くなっています。(深いところは大人の膝丈くらい)小学生も水遊びを楽しめます。

ポケットオアシス清水(目黒本町1-6-1)

街角のちょっとしたスポット。10メートル四方位のこじんまりとしたスペースです。幼児向きかな?散歩のついでにちょっとジャブジャブしてみては?

清水池公園

浅く狭い水路ですが、幼児が走り回っています。幼児連れに人気です。

目黒区民キャンパス公園

水位が低いので、1歳前のお子さんでも楽しめそう。木陰が多く、ママたちも岩に腰をかけ、靴を脱いで足を入れて涼んでいますよ。せせらぎが子ども達の好奇心をそそります。

都立林試の森公園

ジャブジャブ池というより、本格的水遊び場という感じ。 浅いところも深いところもあるし、たくさん遊べます。