【2011年5月公開記事】第1回「めぐろ子育て交流ひろば 0123~知ろう・楽しもう・つながろう~」(平成22年度開催)

2011年5月2日

4477_image1  4477_image2

ベビーマッサージの実演 絵本100冊エリア

3月1日(火)に目黒区役所大会議室で開催された子育て交流イベント「めぐろ子育て交流ひろば 0123~知ろう・楽しもう・つながろう~」に行ってきました。

このイベントは、目黒区内各所で自主的に子育てを応援する活動をしているグループが集まって乳幼児のいる家庭や他グループと交流しようというもの。

当日はあいにくの雨でしたが、12時の開場とともに受付にはたくさんの親子連れの列ができ、ベビーカー置き場はどんどんスペースが埋められていきました。

会場内は、実演・自主グループ紹介・くつろぎ・プレイ、の4つのエリアに分かれていました。

☆実演エリア⇒ベビーマッサージ・親子ヨガ・オカリナ演奏・スクリーン上映(絵本の朗読、自主グループ紹介等)

☆自主グループ紹介エリア⇒各自主グループがパネルと説明等で活動紹介

☆くつろぎエリア⇒テーブルとイスが並べられ自由に飲食やおしゃべりができるようになっている

☆プレイエリア⇒絵本・エコおもちゃ・紙ふぶきプールで親子が楽しめるスペースが設けられている。

まずは実演エリア。開場のあいさつ、「めぐろ子育てネットの会」の紹介に続き、最初の実演プログラムのベビーマッサージ。あっという間に子連れママたちが集まりエリアからあふれるほどの盛況ぶり。実演が始まると、笑顔のママたちとママの手でマッサージされてうれしそうなネンネの子どもたち。敷物があってちょうどよかったのか、その後はイベントの時間以外はネンネの子ども連れ親子たちの憩いの場となっていました。

ベビーマッサージが終わるとスクリーンに写真を投影しながらの各自主グループ紹介。目黒区HPの「めぐろ子ども子育てネット」で紹介されているグループや団体等を一グループずつ紹介。また合間になされたオカリナ演奏では透き通った音色に会場が静まり、にぎやかだった子どもたちも聞き入っていました。

もうひとつの実演プログラムの親子ヨガもエリアからあふれんばかりの大盛況。ベビーヨガに始まり、後半はママたちも立ち上がって気持ちよさそうに体を動かしていました。

スクリーンでの絵本朗読「すごいよねずみくん」は日本語と英語が各1回ずつ行われました。他の動物たちと自分を比較しコンプレックスに陥っていたねずみくんが自分の持ち味を生かして大活躍する物語。みんなそれぞれでいいんだよ、というメッセージが悩んだり勇敢に行動したりするねずみくんを通して伝わってきました。この絵本はめぐろ子ども条例にのっとったもので販売はされておらず、区内の図書館、児童館、小学校、幼稚園、保育所など、子育てに関わる施設で読むことができるそうです。

実演エリアで様々なプログラムが行われている中、他エリアもそれぞれにぎわいをみせていました。

プレイエリアには、絵本スペースで100冊の本に囲まれ好きな本を読んだり読んでもらったりする子どもたち、紙ふぶきプールで紙ふぶきを浴びながら笑顔で遊ぶ子どもたち、小麦粉粘土で創作にいそしむ子どもたち、エコおもちゃで楽しそうに遊ぶ子どもたち、そしてそれを見守り一緒に楽しむママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんたちの姿が見られ、くつろぎスペースは実演をみたりおしゃべりしたり持参したものを食べたり、それぞれ思い思いに過ごせる憩いの場になっていました。

我が家は紹介していただいた一冊の絵本との出会いでしたが、来場したひとりひとりが何かを得られた笑顔の時間だったのではないかなと思います。

参考:

めぐろすくナビ<子育てグループ、団体紹介>
http://sukunavi.megurokodomo.net/category/group/

めぐろ子ども子育てネット<目黒区子ども条例のえほん「すごいよ ねずみくん」について>
http://megurokodomo.net/nezumikun/
                                      ママレポーター
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
編集部より

このようなイベントは、目黒区では初めての試みでした。
来場親子は250組となり、みなさんが「行ってみたい」と思うイベントであったことが
わかりました。
このイベントに協力した一団体として、みなさんのご来場に感謝いたします。
また、当日はアンケートのご協力をお願いしましたが、このネットのトップページの
「ご要望受付」でも、常時、イベントの感想、ご意見を承っております。

地図

目黒区総合庁舎