【2012年1月公開記事】「ガラクタ音楽会~ティコボと一緒にペッカー踊りをしよう~」に行ってきました。

2012年1月4日

4906_image1

めぐろ買い物ルールを広める会主催の廃品打楽器グループ『ティコボ』さんたちによる「ガラクタ音楽会~ティコボと一緒にペッカー踊りをしよう~」@めぐろパーシモンホール に行ってきました。

「カン・ガン・カ。ン。。。」
不思議な足音に娘はびっくり。なにが始まるかなと私もソワソワ。すると、一斗缶でできた靴をはいた3人組が登場しました。

2歳の娘は怯えて痛いくらいのひっつきですが、周りの楽しそうな声に、見たいけど見られない状態。ようやく顔を上げステージをみるとこれまた奇妙な頭・服装・持ち物・・・

敏感な娘なので大丈夫かな~と思っていましたが、演奏が始まるとみんなと一緒に楽しそう!!

ハンドルやごみ箱、たらいや食器でできたスーパードラムセットの様な楽器で、リズムを華麗に奏でる3人組。

缶詰の空き缶を使って宇宙の音を表現するパフォーマンスには親がひきこまれ、「あれすごいね~!」の連発。

塩ビパイプの上をゴムの板でたたいて音階を奏でる不思議な楽器などなど、本当に工夫された楽器がたくさん登場しました。

中盤に入り新聞紙がみんなに配られます。
まずは新聞紙をこすって「カサ、カサ」次は破って、破って「ビリビリ、ビリビリ」。
子どもも大人もみんな楽しそうに、リズムに合わせて「ビリビリ」したあとは丸めて「ポイ!!」

更にペットボトルでできたペッカーが配られ「ドレもゴミのうた」をみんなで大合唱。
少し大きい子どもたちは前でジャンプしてペッカーをフリフリジャンプ!

アンコールの後に会場を出るとそこには目黒区の清掃車のミニカーやお箸やエコバッグなどお土産も用意されていて、なんだかすっかり上機嫌。

たくさんのモノであふれた昨今、子どものおもちゃもどうしても増えてしまいます。
色んなものを使ってあんな風に楽しく遊べるのね~とちょっと考えさせられ、家に帰って早速ダンボールでギターを作ってみました。

普段は何となく思っていることが、こういう機会によって実行できることがよくあります。
これからもまた色々なところに行って、子どもと発見!そして考える機会を作っていけたらいいなと思いました。

めぐろ買い物ルールを広める会
http://blog.livedoor.jp/megurokaimono/