【2009年10月公開記事】無料バスで秋の自由が丘散策を!

2009年10月27日

1987_image1

『無料バスで秋の自由が丘散策を!』
サンクスネイチャーバスをご存知ですか?
サンクスネイチャーバスは自由が丘のまちを10年以上も循環する地域のバスです。
無料で乗ることができます。

サンクスネイチャーバスのHP
http://www.thanksnaturebus.org/
ポスターやちらしに掲載されたお店や施設(サポーター)の共同出資で水曜をのぞく毎日、お昼の12時から夜9時まで30分~35分ごとに循環しています。
ルートは駒沢公園から出発する駒沢ルートと、八雲地区の緑道も通る八雲ルートの2種類。
今回のココ行ってきました!は、それぞれのルートを体験したママさんからのレポートをお伝えします。

☆駒沢公園ルート☆
駒沢公園ルートの起点は深沢ハウス前。
降りれば駒沢公園は目の前です。
公園内の小さな公園でも遊べますし、レンタサイクルして散策をしてもよいですね。

http://www.tef.or.jp/kopgp/index.jsp

このバスの良いところは、交通の迷惑にならない場所であれば、比較的自由にルート途中での乗降車ができること。ご近所にサンクスネイチャーバスのルートがあったら、交通量の少ない停車しやすい場所で待機し、バスが来たら手をあげて運転手さんに合図してみましょう。
車内は狭いためベビーカーを利用する事は出来ません。
小さいバギーならば、たたんで何とか入るといったところでしょうか。
サンクスネイチャーバスの日は、がんばってお子さんに歩いてもらう日として
楽しむのもよいかもしれませんよ。

☆八雲ルート☆
このルートは、自由が丘にあるスーパーマーケット近くを全て通ります。その他、子ども用インテリア店、雑貨大集合のトレンチ、大手の子ども服飾店、そして子連れには嬉しい、自由が丘公園、ちょと一休みできるベンチがたくさん置いてある南口の九品仏川緑道、スイーツフォレスト前の奥沢二丁目公園、緑が丘図書館、緑が丘児童館近くも通ります。お買いものスポットや、子どもと一緒に過ごせる場所近くを廻っているので、ルートを吟味しての計画とお出掛けは、充実した自由が丘散策になること間違いナシ!

「バスに乗りたいー!」と言い出す2才の息子に、このサンクスネイチャーバスはもってこい。住宅街も目黒通りも走るので、人ウォッチング、車ウォッチングにと飽きません。前の方に座れば運転手さんとおしゃべりもできちゃいます。お買い物したいお店が駅から少し離れている時も便利です。自分も買い物を楽しんで、子どもも好きなバスに乗れて、途中乗り降りして図書館や公園に寄ったり。午後半日をたっぷり過ごせます。八雲ルートと駒沢ルートを上手に使いこなせたら、時間に余裕がないときもスムーズに自由が丘を散策できてしまうでしょう。またマイクロバスで、通路がないのでバギーはたたまないと乗れませんが、移動はバスにお任せなので、バギーなしで身軽なのも良いのかもしれませんね。

深秋の一日、サンクスネイチャーバスを上手に使って、お金をかけずにお子さんと気軽に地域の散策をたのしんでみてはいかがでしょうか?

ワークショップレポーター