【2008年5月公開記事】八雲保育園子育てふれあいひろば

2008年5月30日

区内の区立保育園は、地域の子どもとその保護者のために園庭を開放しています。一部保育園では土曜日も開放。平日はお仕事の保護者のみなさんも、お子さんと一緒に楽しめますね。
今回の「ココ行ってみました!」では、8ヶ月の娘と私の八雲保育園ふれあいひろばでの体験をレポートします。


八雲保育園ふれあいひろばのあそび場は、広い室内スペースにジャングルジムやすべり台、おもちゃもたくさん。以前より娘(8ヶ月)のうつぶせの練習に利用させていただいています。うつぶせにすると泣き出していた娘ですが、床暖房フロアで色々なオモチャでの気晴らし作戦?が実り、今ではうつぶせもばっちり、手でしっかりと上半身をもちあげます。思い切りハイハイもできるであろうこの広いあそび場は、大変ありがたい存在です。

今回訪れたのは土曜日。お父さんと遊びにきているお子さんもいました。平日よりはすいていて、職員さんとお話するチャンスが多かったため、いつもの通り娘をうつぶせにさせながら離乳食の質問をしました。月齢の割には離乳食が進まない我が娘、同月齢のお友達の食べっぷりを聞くにつけ、母は焦る毎日を送っていたのです。
「お子さんなりのペースで進めればいいんですよ」という温かい言葉とともに、保育園での月齢別離乳食サンプルの写真を見ながらアドバイスをいただきました。目安になる量や種類を写真で確認すると、明確なイメージがつかめます。それを目標に気長に進めていこうと思います。八雲保育園ふれあいひろばでは、簡単な相談であればあそび場の時間帯でも受けていただけるようです。


各保育園では園庭開放の他に、身体計測や子育て相談も受け付けています。
また地域のお子さんと、その保護者が参加できる育児講座や離乳食講座、公園であそぼう会等のイベントも、もりだくさん。
保育園、児童館等の区の公共施設にある「区立保育園子育て支援行事予定表」には、それぞれの保育園の園庭解放や身体計測の日時の情報に加え、イベントについても詳しく掲載されています。
地域の保育園と仲良く付き合い、みんなで楽しく育児をしましょうね♪
区民ワークショップレポーター